SO-KENロゴ
自動見積もりバナー
 

1.「驚き」を使って楽しむ体感プロモーションが容易に導入できる!
2.インパクト効果を得るツールとしては群を抜くコストパフォーマンス
3.定番化したプロモーション企画の一新に
4.印刷だけで驚きと楽しさを生みだすことができる唯一無二の手法
 

感性を刺激する
トリックプリント
TRICK PRINT

HOME | TRICK PRINT | フラッシュプリント

フラッシュプリントとは

再帰反射技術で不可視から発光

技術概要

通常時では不可視で見えませんがカメラのフラッシュなど強力な光を照射するとフルカラーで光が返り発光する印刷技術です。
再帰反射シートの特殊技術により、フラッシュなどの照射した同じ位置に光が戻り色再現が可能です。

原材料について

再帰反射シートは、入ってきた光の角度と同じ角度で光を返すガラスビーズ方式の専用シートとなります。
入射光はガラスビーズの表面を通過する時に屈折し、裏側の反射鏡で反射して再び表面を通過する時に屈折して光源に戻ります。
複数のレイヤー階層を特殊調整し白地層・黒地層・カラー層などの下から、見えない画像を発光させます。
※フラッシュ撮影時

ブラックライトアート

フラッシュプリントの特長

フルカラー発光

出て来る絵柄が発光1色しか出来なかった旧技術(リフレクトプリントS)に対して新技術(フラッシュプリント)はフルカラーでの再現が可能になりました。
フラッシュプリントハロウィン通常時

通常時

フラッシュプリントハロウィンフラッシュ撮影時

フラッシュ撮影時

隠蔽性の向上

旧技術(リフレクトプリントS)に対してフラッシュプリントは、通常時において発光する絵柄の隠蔽性が向上し、ネタバレが軽減されました。
フラッシュプリントの特長・隠蔽性

旧技術(リフレクトプリントS)に対して、隠蔽性が向上しました。

マスキングの色を黒以外に選択できるようになりました 

通常データのマスキングが黒色以外で選べるようになりました。 

 
フラッシュプリントマスキング

通常時 ※目視での見え方

フラッシュプリントマスキング

フラッシュ撮影時 ※発光時 赤、青、黒、白のマスキングの見え方

 

チェンジング

デザインの違う2つの画像を重ねあわせて、全く異なる絵をチェンジングさせる表現が、
フラッシュプリントでは出来るようになりました。

フラッシュプリント猫

通常データ

フラッシュプリント虎

フラッシュプリントデータ

フラッシュプリント猫

通常時 ※目視の時

フラッシュプリント虎

フラッシュ撮影時 ※発光時

 

フラッシュプリントで使えるメディア

メディア 印字幅
(施工幅)
用紙厚
専用の糊つきメディア
※塩ビシート・タックメディア
(シールタイプ)
1180mm 310µm
(剥離紙160µm含む)

長尺の印字は2.5メートルになります。それ以上の長さの印字に関しましては、ご相談ください。

取扱い注意事項

注1:再帰反射について・・・

光を集めて反射する特殊メディアを使った印刷技術。
 
通常、光が反射するとき、光の当たったところがざらざらな表面の場合は乱反射し(図①)、ガラスや金属面では入射角に対して反対側に鏡面反射します(図②)。再帰反射とは、入射してきた光はメディアに含まれているガラスビーズにより、どんなに歪んだ曲面であっても入射してきた方向に光を反射させる性質があります(図③)。

図①
フラッシュプリントの原理1

コンクリートや布などのザラザラした表面

図②
フラッシュプリントの原理2

鏡や金属などの表面

図③
フラッシュプリントの原理3

面に反射材がある場合

※フラッシュプリント、リフレクトプリントは図③に該当

フラッシュプリントの確認方法

フラッシュプリントの確認方法は、ライトを目線に合わせることで光が目の位置に帰ってきますので確認しやすいです。
(図1)
 
また、スマートフォンの画面で確認するためには、ライトを常灯し、印刷物にピントを合わせて頂くことで確認しやすいです。(図2)

図1
リフレクトプリントSとは

(図1)光束:1600lmの白色ハンディライト使用

図2
リフレクトプリントSとは
【フラッシュデータ】の鎧の部分が黒に近いデータのため、フラッシュ撮影時に透けたように見えます。また【通常データ】の傘の部分が白に近いため、フラッシュ撮影時に重なって見えます。

注2:仕上がり形状について・・・

通常のデザインの見え方は、縦ラインを間引いた仕上がりとなります。
※縦のストライプ(色・黒・色・黒・・・の交互)で形成します。

A2サイズ出力物を撮影
かぼちゃ部分の拡大図

注3:メディアの特性について・・・

フラッシュプリントで使用している反射メディアですが、特殊なガラスビーズを使用して作成しており反射輝度を基準値内で均等化はさせておりますが、場所により僅かな誤差は生じております。
 
印刷で色が加算されたり、つなぎ合わせた場合などにはその差がわかりやすくなることもございますが、現技術レベルで最小限の誤差に抑えております。

また通常の印刷物と異なり、周りの環境、光にも影響し、現状多少の輝度差が発生いたします。

そのため、1幅、2幅等つなげていく場合は繋ぎ目で輝度の差がでることがございますのでご了承願います。

注4:スマートフォンの機種依存のフラッシュの反射輝度について・・・

スマートフォンのフラッシュの反射輝度は、機種によって異なるため一部の機種(SONY Xperiaなど)によっては、フラッシュプリントの反射効果が薄まる場合があります。

フラッシュプリント関連商材