フラッシュプリント

施工、設置、使用環境について

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

施工上の注意

スキージーの使用について

印刷直後や翌日など、揮発が十分でない状態でスキージーなど、エッジが尖ったもので貼り付け作業を行うと印刷面に傷がつく可能性があります。パネルの貼り付けなどの際は、ローラーや刷毛をご使用ください。

メディア(用紙)の再剥離について

フラッシュプリントのメディアはシールタイプですが、再剥離タイプではありません。直接、壁などにフラッシュプリントのメディアを貼り付けた場合、剥がす際に壁紙などがはがれる可能性があります。現状の状態を保ちたい箇所への設置は、別途スチレンパネル等にマウント加工後に施工してください。

フラッシュ撮影時の距離について

被写体から1メートル以上離れて、フラッシュ撮影してください。

発光時の見え方の違いについて

スマートフォン機種の違いによる、発光時の見え方の違いについて

スマートフォンの機種によってカメラの性能、性質が異なるため、スマートフォンによってフラッシュ撮影時の見え方が異なります。これは機種のカメラに依存するものとなります。例えばApple iPhoneシリーズとSONY Xperiaシリーズでは、フラッシュプリントの反射効果が異なります。また設置環境(明るさ)によっても異なります。

※Xperiaシリーズは、設定でホワイトバランスを「蛍光灯」にすると反射効果が良くなることがございます。

スマートフォン機種の違いによる、発光時の見え方の違い

Sony Xperia A2 SO-04での見え方<強制発光モード>|被写体まで5.5メートル

スマートフォン機種の違いによる、発光時の見え方の違い

SHARP AQUOS R2 SHV42での見え方|被写体まで5.5メートル

 

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違いについて

撮影距離が離れれば離れるほど反射輝度は弱くなります。

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

SHARP AQUOS R2 SHV42での見え方|被写体まで5.5メートル

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

SHARP AQUOS R2 SHV42での見え方|被写体まで9メートル

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

Apple iPhone8で撮影|被写体まで2メートル

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

Apple iPhone8で撮影|被写体まで4メートル

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

Apple iPhone8で撮影|被写体まで6メートル

撮影距離の違いによる、発光時の見え方の違い

Apple iPhone8で撮影|被写体まで8メートル

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違いについて

設置環境の明るさによって、フラッシュ撮影時の見え方が異なります。設置環境が暗いと発光デザインがきれいに見え、設置環境が明るいと通常時に見えているデザインが残りやすくなり混ざって見えることがあります。

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(通常データ)
元データ(発光データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
通常時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
フラッシュ撮影時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

通常時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

フラッシュ撮影時の見え方(1000ルクス)

色は明るい環境になればなるほど良く見える​
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
光は暗い環境になればなるほど良く見える​
 
環境の明るさとデザインの見え方の相関性
色の濃淡と光の明暗で見え方が変わります​。
環境 通常時(色のデザイン) 発光時(光のデザイン)
明るい環境に設置した場合 明るく見える 色のデザインが残りやすく、光のデザインに影響を与えやすい
暗い環境に設置した場合 暗く見える 色のデザインが残りにくく、光のデザインが綺麗にみえやすい

異なる環境の明るさでの実際の見え方の違い

同じ撮影距離(被写体まで1メートル)で異なる明るさ(500ルクス前後と1000ルクス前後)でフラッシュ撮影前とフラッシュ撮影後の見え方の違いを検証しました。500ルクスは展示会や商業施設内の明るさ、1000ルクスはパチンコ店内くらいの明るさになります。

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(通常データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(発光データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
通常時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
フラッシュ撮影時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

通常時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

フラッシュ撮影時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(通常データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(発光データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
通常時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
フラッシュ撮影時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

通常時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

フラッシュ撮影時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(通常データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
元データ(発光データ)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
通常時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い
フラッシュ撮影時の見え方(500ルクス)
設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

通常時の見え方(1000ルクス)

設置環境の明るさの違いによる、発光時の見え方の違い

フラッシュ撮影時の見え方(1000ルクス)

屋外への設置

環境が明るすぎる日中の屋外への設置は、フラッシュ撮影時の発光デザインが、明るすぎる周りに影響を受けるため向いていません。

屋外への設置について

屋内220ルクス

屋外への設置について

屋外16760ルクス ※太陽を正面にして

(発光のデザインがあまり見えなくなる)

屋外への設置について

屋外122,000ルクス ※太陽を背に向けて

(発光のデザインがかなり見えなくなる)

暗い場所への設置

暗い環境下に設置した場合、明るい環境に比べて、撮影距離が離れていても発光時のデザインがきれいに見えます。

暗い場所への設置について

明るさが0ルクスでの発光時の見え方

暗い場所への設置について

明るさが70ルクスでの発光時の見え方