TRICK PRINT®

SOLAR PRINT

ソーラープリント

太陽の光でフルカラー発色

左:太陽照射時 右:太陽照射前
2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS ACCブロンズ入賞「さぁ、春。ニッポンの宝島へ出かけよう」NTTドコモ/朝日新聞/アサツー ディ・ケイ/ADKアーツ 変型タブロイド4ページ/カラー

1.「驚き」を使って楽しむ体感プロモーションが容易に導入できる!
2.インパクト効果を得るツールとしては群を抜くコストパフォーマンス
3.定番化したプロモーション企画の一新に
4.印刷だけで驚きと楽しさを生みだすことができる唯一無二の手法

ソーラー印刷とは

ソーラー印刷の特徴


太陽の光を受けるとフルカラーで発色するインクを使った印刷です。 
 
太陽光の有無で、発色・消色を繰り返します。 
 
自然エネルギーの太陽の光でフルカラー再現できるので、従来の単色でのUVチェッカー等の用途から、太陽エネルギーを用いた製品の訴求や、屋外への誘導を目的とした販促物、DM、Tシャツ等の企画・食玩商品のギミックとして活用範囲の広がりをみせています。

フォトクロミック
明るいところで、
太陽光でぼんやり浮き出て、
ぼんやり消える!
フォトクロミック
フォトクロミック
紫外線に励起してCMYKの減法混色で有色になる。明るい場所で視認性が上がる。RGBの加法混色でないため、暗い空間では視認性が確保出来ず、明るい光が必要。

ソーラー印刷がもたらす効果


光の有無に従い、ビジュアルの表情が変化します。

 
今までの再帰反射印刷では表現できなかった演出を可能にし、1つのビジュアルが変化する印刷手法のため、コンストラスト効果を発揮し、インパクトに欠ける企画内容の解決にお応えいたします。
フォトクロミック

太陽光照射前

フォトクロミック

太陽光照射後

ソーラー印刷のバリエーション


シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックの4原色を高濃度の色味にこだわったインク化に成功しました。 

従来までの特色でなく高濃度のフルカラー再現を実現しております。 
 
私たちは独自のCMYKソーラーインクの開発を始め、インク化技術で用途に合わせた印刷バリエーションをご用意しております。

フォトクロミック
※写真はインクジェット用インク 
フォトクロミック

ソーラーインクとは

太陽光で浮き出る透明インク。紫外線(UV-A)に反応して、無色から有色のCMYKに変化するインク。通常は不可視である。太陽に含まれる紫外線やブラックライトなどに励起してフルカラーで再現されます。明るい場所での視認性もあり、手軽に活用することができます。

インクジェット印刷
オフセット印刷
シルクスクリーン印刷
フォトクロミック
 
広告
 
フォトクロミック
 
シール
 
フォトクロミック
 
メッセージカード
 

 価格(ソーラー印刷・溶剤インクジェット)
印字幅1,030mm
(最大印字幅)
12,900円/m~
A4サイズの場合 2,800円/枚~

※価格は税抜き表示です。

 価格(ソーラー印刷・オフセット、シルクスクリーン)
お問い合わせ下さい

ソーラー印刷を使用例の記事集


どのような効果があるか?どのような使い方をされているか?をより多くの人に知って頂きたいと思い、自社・他社を問わずご紹介させて頂いております。

 
サンプル請求・お見積もり・
お気軽にお問い合わせください

太陽の光によってフルカラー発色できるソーラー印刷は、時間帯・天候によって発色までの時間に差がございます。

フォトクロミック

日別の紫外線量の変化

 
 
フォトクロミック
 

月別の紫外線量の変化

 
フォトクロミック
 

天候による紫外線の変化

快晴時の紫外線量を100%とした時の紫外線量です。

 快晴
100%
 晴れ
98%~90%
 薄曇り
約80%
 曇り
約60%
 雨
約30%

補足

紫外線カット・遮熱効果性能のガラス窓について
 

※ガラスの種類によっては、紫外線の透過性が異なるので、屋外での使用を推奨をしてます。

フォトクロミック

ソーラー印刷の発色が半減する、直射日光による連続照射・放置状態はなるべく避けて、お楽しみ下さい。