広告、プロモーションの企画立案者様へご提案

交通広告や販促スペース枠を使った参加型イベントで告知を拡散する仕掛け

  • 大判出力印刷
  • 交通広告

活用イメージと活用場所

交通広告

広告を参加型イベントにして告知を拡散する仕掛け

交通広告や販促スペース枠で、カメラのフラッシュ撮影で情報が切り替わるといった広告を参加型のイベント化することによって、告知効果の最大化を狙うことが出来ます。写真がカメラに残るのでSNS拡散の導線にも最適です。

 
  • 交通広告
  • 販促ディスプレイ

活用イメージ動画

フラッシュプリントの特徴とメリット

駅貼り広告

フラッシュプリントは光の再帰反射で隠れているデザインが見えるようになります。フラッシュ撮影すると何かが出てくるといった不思議な体験の提供が可能になります。フラッシュ撮影した人以外は見えず、もちろん繰り返し使うことが出来ます。

フラッシュプリント

印刷なので施設やイベントに応じたテーマの仕掛けを施すことが出来ます。大がかりな設備投資や費用を必要とせずにどんな場所でも提供できます。アプリのインストールが不要で年代問わず誰でも楽しめます。フラッシュプリントはインクジェット出力なので1枚から出力が出来ます。

インタラクティブプロモーション
カメラのフラッシュ撮影で情報が切り替わる参加型の仕掛けは、フラッシュプリントの大判ポスターでの導入が最適です。