店舗装飾設計の担当者へご提案

ロードサイドの店舗ウィンドウ装飾に使える、屋外と室内の明暗の差で勝手に情報が切り替わる仕掛け

お客様に「来てよかった」ともっと満足していただきませんか?

  • 大判出力印刷
  • ロードサイドの店舗ウィンドウ装飾

雰囲気と装飾デザインがミスマッチだと「居心地が悪い」と感じてしまう

装飾のデザインが雰囲気とマッチしていない等の理由で「何だか居心地が悪いな」と受け止められてしまう、そんな課題にお困りではありませんか?そんな「居心地の悪さ」を、昼と夜で切り替わる装飾の仕掛けで、それぞれの雰囲気に合った空間作りをしてみませんか?

活用イメージと活用場所

デイナイト

来客が時間にマッチした雰囲気を楽しめる仕掛け

屋外と屋内の明暗の差で勝手に情報が切り替わる仕掛けで、ロードサイドの店舗内を昼は昼の雰囲気に合う、夜は夜の雰囲気に合う空間を作ります。時間にマッチした空間装飾で「来てよかった」、「また来たい」とお客様に思っていただけるようなおもてなしをする事が出来ます。

 
  • ロードサイドのウィンドウ装飾

活用イメージ動画

リライトプリントの特徴とメリット

バス停広告

リライトプリントは後ろから日光を当てることで異なるデザインが見えるようになります。昼と夜で異なるデザインの装飾が可能になります。

ドア広告

印刷なので施設や店舗の雰囲気に沿ったテーマの仕掛けを施すことが出来ます。大がかりな設備投資や費用を必要とせずにどんな場所でも提供できます。リライトプリントはインクジェット出力なので1枚から出力が出来ます。

ウィンドウフィルム
背面から日光を当てると情報が切り替わる仕掛けは、リライトプリントの大判ポスターでの導入が最適です。