株式会社SO-KEN

店舗のプロモーションサインに仕掛けを使って

昼も夜もそれぞれマッチする伝わりやすいバス停広告にしてみませんか?

サイン&ディスプレイ

バス停コルトンボックス

デイナイト印刷 

バス停広告の情報伝達にお困りではありませんか?

バス停広告において、せっかく訴求しているのに広告内容が見ている時間とマッチしていないため伝わりにくい、そんな課題はありませんか?トリックプリントの仕掛けを使って昼には昼に見た方が綺麗な広告、夜には光など夜に見た方が綺麗な広告に変化させて、情報伝達をスムーズにします。

バス停 広告

昼と夜で絵が切り替わる仕掛け

バックライトLEDの点灯・消灯でデザインを切り替えることが出来ます。同じ場所なのに昼間と夜間で違う絵が現れ、昼には昼に見た方が綺麗に見える広告、夜には夜に見ると光が綺麗に見える夜向けの広告といったバス停広告の展開が可能になります。

 

想定される場所

  • バス停広告(コルトンボックス)

昼と夜で絵が切り替わる仕掛けのイメージ

バックライトでデザインが切り替わる

リライトプリントはバックライトの点灯で隠れているデザインが見えるようになります。消灯すると元の絵に戻り、昼と夜で異なるデザインを見せることが出来ます。

 

リライトプリントのメリット

通常のバス停広告と同じように使えるリライトプリント。変化させるためのアクション、例えばアプリのインストールなどは不要です。

昼と夜で絵が切り替わる仕掛け

昼と夜で絵が切り替わる仕掛けは、リライトプリントの大判ポスターでの導入が最適です。

バス停広告