フラッシュプリント

自主生産・データ変換サービス

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

フラッシュプリントを自社生産する

フラッシュプリント

ユーザー登録、メディアの購入でフラッシュプリントを自社で生産することが出来ます。インクを詰め替えることなく純正環境で生産していただけます。

フラッシュプリントの自社生産までの流れ

  1. メディア販売代理店の2社(株式会社ベルアドワイズ、アイケーシー株式会社)の内、メディア購入を希望される方のユーザー登録を専用ページにて行います。
  2. ユーザー登録したメディア販売代理店からお見積りを提出させていただきます。

使用環境、メディア仕様

必要環境 ミマキエンジニアリング、Epsonの白インク搭載のインクジェット大判プリンターをお持ちの企業様。
※他のメーカーのプリンタに関しましては別途、ご相談ください。
※プリンタ、インクの種類によりフラッシュプリントの見え方は異なります。白濃度の弱いプリンターの場合は全体的に元絵は暗くなります。
メディア仕様 フラッシュプリント専用メディア(塩ビタックシート)
メディアサイズ 1240mm x 5m
1240mm x 15m
1240㎜ x 45.7m

メディア販売代理店

データ変換サービス

フラッシュプリント 作り方

フラッシュプリントのメディアをご購入いただいたお客様は、フラッシュプリントのデータ変換サービスを利用することが出来ます。詳しくはお問い合わせください。

※RasterLink用、Onyx用へのデータ変換になります。

※IEのブラウザは最新版(IE11)にしてください。