株式会社SO-KEN
フラッシュプリント

FLASH PRINT

技術概要・取り扱い

フラッシュプリントの技術要項や取り扱いについてのご案内です。

技術概要

フラッシュで異なるデザインが撮影できる

通常時では不可視で見えませんがカメラのフラッシュなど強力な光を照射するとフルカラーで光が返り発光する印刷技術です。再帰反射シートの特殊技術により、フラッシュなどの照射した同じ位置に光が戻り色再現が可能です。

原材料について

再帰反射シートは、入ってきた光の角度と同じ角度で光を返すガラスビーズ方式の専用シートとなります。入射光はガラスビーズの表面を通過する時に屈折し、裏側の反射鏡で反射して再び表面を通過する時に屈折して光源に戻ります。複数のレイヤー階層を特殊調整し白地層・黒地層・カラー層などの下から、見えない画像を発光させます。

※フラッシュ撮影時

取り扱い注意事項

注1:再帰反射について

光を集めて反射する特殊メディアを使った印刷技術。通常、光が反射するとき、光の当たったところがざらざらな表面の場合は乱反射し(図①)、ガラスや金属面では入射角に対して反対側に鏡面反射します(図②)。再帰反射とは、入射してきた光はメディアに含まれているガラスビーズにより、どんなに歪んだ曲面であっても入射してきた方向に光を反射させる性質があります(図③)。

フラッシュプリント反射の仕組み
フラッシュプリント反射の仕組み
フラッシュプリント反射の仕組み

フラッシュプリントの確認方法

フラッシュプリントの確認方法は、ライトを目線に合わせることで光が目の位置に帰ってきますので確認しやすいです。(図1)また、スマートフォンの画面で確認するためには、ライトを常灯し、印刷物にピントを合わせて頂くことで確認しやすいです。(図2)

フラッシュプリント反射の仕組み

光束:1600lmの白色ハンディライト使用(図1)

フラッシュプリント反射の仕組み
(図2)

注2:使用上の注意点について

フラッシュプリント反射の仕組み

※光の入射角に対して同一方向に再帰反射致します。光を照射していない場合や照射光の角度と異なる場所からは視認することができません。

フラッシュプリント反射の仕組み
※一般的な明るい環境では必ず照射光が存在しております。その照射光と同一線上に目線が来ると隠された反射光が見えてしまいます。技術特性上、避けられない現象となります。

注3:仕上がり形状について

通常のデザインの見え方は、縦ラインを間引いた仕上がりとなります。

※縦のストライプ(色・黒・色・黒・・・の交互)で形成します。

フラッシュプリント

A2サイズ出力物を撮影

フラッシュプリント

かぼちゃ部分の拡大図

注4:メディアの特性について

フラッシュプリントで使用している反射メディアですが、特殊なガラスビーズを使用して作成しており反射輝度を基準値内で均等化はさせておりますが、場所により僅かな誤差は生じております。印刷で色が加算されたり、つなぎ合わせた場合などにはその差がわかりやすくなることもございますが、現技術レベルで最小限の誤差に抑えております。また通常の印刷物と異なり、周りの環境、光にも影響し、現状多少の輝度差が発生いたします。そのため、1幅、2幅等つなげていく場合は繋ぎ目で輝度の差がでることがございますのでご了承願います。

注5:スマートフォンの機種依存のフラッシュの反射輝度について

スマートフォンのフラッシュの反射輝度は、機種によって異なるため一部の機種(SONY Xperiaなど)によっては、フラッシュプリントの反射効果が薄まる場合があります。

※Xperiaシリーズは、設定でホワイトバランスを「蛍光灯」にすると反射効果が良くなることがございます。