フラッシュプリント

色と光の違い

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

色と光の違い

フラッシュプリントは「通常見えているデザイン」と「フラッシュ撮影時に見えるデザイン」の2レイヤーで成り立ちます。通常見えているデザインは色の3原色、フラッシュ撮影で見えるデザインは光の3原色で構成されます。

 

色の3原色

フラッシュOFFで見ている絵は色の3原色で構成されます。通常時に見えている絵もこれにあたります。色が濃いほど見えやすく淡いほど見えにくくなります。

通常時(フラッシュOFF時)に見えるデータは、この色の3原色で表現されます。一般的な印刷物と同じ原理です。

光の3原色

フラッシュONで見ている絵は光の3原色で構成されます。テレビモニターと同じ原理で光が明るいほどよく見え、光が暗いほど見えにくくなります。

フラッシュ撮影時に見えるデータは、この光の3原色で表現されます。白に近いデータは見えやすく、黒に近いデータは見えにくくなります。

再帰反射

再帰反射では、白い光を入射してカラーインクを透過して色付きの光が再帰します。

※クリックで拡大します

色の濃淡、光の明暗について

色の濃淡、光の明暗は明度・彩度の複合要素(トーン)で決まります。

※クリックで拡大します

フラッシュOFFの時

フラッシュOFF(通常時)は色の3原色で構成された反射色を見ています。色は明るい場所で見えやすくなります。

フラッシュOFFで見ている絵は色の3原色(反射色)で構成されます。

色材の3原色は反射色です。光を受けて反射した色を見ています。

光の無い空間では色は見えません。暗闇では色を反射させる光がないためです。

フラッシュONの時

フラッシュON(フラッシュ撮影時)は光の3原色で構成された発光色を見ています。光は暗い場所で見えやすくなります。

フラッシュONで見ている絵は光の3原色(発光色)で構成されます。

光の3原色は発光色です。光を受けて再帰反射した光を見ています。明るい空間では光は見えにくくなります。

暗い空間では光はよく見えます。暗闇では明暗の差が大きくクッキリ見えます。

フラッシュ撮影時に再現しにくいカラーデータ

データ上のカラーの濃度が250%を超えると、フラッシュ撮影時に再現や認識がしにくくなる場合があります。これは光として暗い光になるためです。

左が元データ、右が実際の見え方

黒枠で囲まれた部分はカラー濃度が250%以上のデータです。環境やスマートフォンによって異なりますが再現や認識がしにくくなります。

フラッシュ撮影時に再現しにくいブラックデータ

データ上のブラックの濃度が80%を超えると、フラッシュ撮影時に再現や認識がしにくくなる場合があります。これは光として暗い光になるためです。

0~20%のブラック濃度の再現は、ほとんど見え方に差異がありません。また、混色(シアン・マゼンタ・イエローを混ぜ合わせた色)に黒色を多めに加えてしまうと、遮光性が強くなってしまいフラッシュさせても光らない場合がありますので注意してください。

フラッシュ撮影時の色識別範囲について

※クリックで拡大します。

フラッシュ撮影時の絵柄は、色表現ができる範囲(階調)が狭いです。撮影する機種や撮影する明るさの環境にも依存しますが、使用している再帰反射メディアの影響により色の階調が表現しにくく数%の濃度違いは判断できません。そのため色認識できる範囲を上記画像(フラッシュされたカラーチャート)を参考にしていただければと思います。