ブラックライトプリントのデータ作成のヒント

データ加工について

  • 大判出力
  • インクジェット印刷

データ加工について

ブラックライトプリントでのコンテンツ作成には少し基礎知識が必要になります。ある1つの画像が全く違う画像に変えれるのではなく1つの画像に色や物を付け加えて効果を演出できると考えてください。画像Aを画像Bに変えるのではなく画像Aを画像A’に変えると理解していただけると分かりやすいと思います。

悪い例

※タブをクリックしてください

ブラックライト印刷

左:通常時見えるデータ 右:ブラックライト照射時に見えるデータ

※タブをクリックしてください

ブラックライト印刷

左:通常時の見え方 右:ブラックライト照射時の見え方

上記の演出は画像AをBに変更しようとしているためブラックライトプリントでの印刷が出来ません。画像Aを画像A´に変えることできれいな変化となります。画像A´を見る際全く光の無い空間という訳にはいかず、紫外線にも光線(明かり)が含まれておりブラックライトインクも自発光して光を放ちますのでCMYKの通常プロセスカラーが完全に消えることはありません。

良い例

※タブをクリックしてください

ブラックライト印刷

左:通常時見えるデータ 右:ブラックライト照射時に見えるデータ

※タブをクリックしてください

ブラックライト印刷

左:通常時の見え方 右:ブラックライト照射時の見え方

空白部分に画像を浮かび上がらせる場合

ブラックライト印刷

フルカラー画像に重ねる場合と違い単純に空白部分にレイヤーを配置するだけで加工できます。通常がシンプルではあるが変化が大きいので効果は絶大です。

通常の光でAの画像、ブラックライトの光でBの画像へ変化するコンテンツ

ブラックライト印刷

上記のAの画像が特殊な光を当てるだけでBに変化します。AとBを重ねて印刷するだけではありません。下記のように通常の通常プリントAとブラックライトプリントCを重ねてプリントすると完成品のBになります。

ブラックライト印刷

データ作成のヒント