ESTIMATE

自動見積もり

 

 

ESTIMATE

自動見積もり

 

自動見積もり計算

長尺(メートル出力)

 施工幅の計算方法

図①
(フラッシュプリントの例)

1幅の詳細

図②
(フラッシュプリントの例)
フォトスポットなどで使用するフラッシュプリントや、壁紙や経師貼りに使用されるブラックライトプリントのイーストンペーパーは、長尺で出力されることが想定されます。
 
最大印字幅(横幅)は、印刷の種類と用紙によって変わります。フラッシュプリントの場合、最大印字幅は1180mmで塗り足しが左右各10mmです。(重ね貼りの塗り足し不要の場合は1200mm)※図②参照
 
ブラックライトプリントのイーストンペーパー使用の場合、最大印字幅は1000mmで塗り足しが左右各10mmです。(重ね貼りの塗り足し不要の場合は1020mm)
 
幅数の計算は(印刷データの横幅)を(施工幅)で割った繰り上げの数字が幅数になります。
 
例)フラッシュプリントで、印刷データの横幅が3500mm場合、右から1幅目1180mm(+塗りたし各10mm)、2幅目も同様、3幅目は1140mm(+塗り足し各10mm)で印字幅3500mmに対し、用紙幅は3560mmでの支給になります。※図①参照

 

メディア規格

フラッシュプリント 

 
メディア 印字幅
(施工幅)
用紙厚
専用の糊つきメディア 1180mm 310µm
(剥離紙160µm含む)

 
長尺の印字は2.5メートルになります。それ以上の長さの印字に関しましては、ご相談ください。

ブラックライトプリント

 
メディア 最大印字幅 用紙厚
ブラックライトアートウォール
※壁紙
900mm 500µm
イーストロンペーパー
※仕掛けポスターなど
1000mm 180µm
コーマウェザー(生地)
※舞台衣装など
1098mm 40/2コーマ
 

イーストンペーパーは塗り足し左右各10mm(不要の場合は印字幅1020mm)用紙幅は1040mmです。